aga治療薬

aga治療薬

 

agaは日本では1000万人以上の該当者がいると言われています。

 

一般的にagaは30〜50代の中年男性にみられる症状ですが、最近では20代の若者のaga治療も増えていると言われています。

 

特にagaは進行性がありますので、何もせずにいるとゆっくりと髪の毛の数は減り続け、抜け毛・うす毛が徐々に目立ってきます。

 

agaの原因はいくつか考えられます。

 

人間の毛髪の構造は、頭皮の内部にある「毛根」と頭皮の外側にある「毛幹」に分かれています。

 

 

毛根の根本には「毛乳頭」があり、ここに頭皮の毛細血管から各種の栄養が送られ、細胞分裂を繰り返すことで、髪の毛は成長するんです。

 

この毛乳頭が、ストレスや食生活や生活習慣の乱れによって血流の流れが悪くなったり、ホルモンの過剰な分泌などによって、正常に機能しなくなったとき、毛髪の成長は妨げられ、脱毛が起こってしまうんですね。

 

 

このようなagaを治療するにはaga治療薬として、育毛剤を使用する方法が効果が高いと言えます。

 

ただ、塗る育毛剤に関しては頭皮に塗るタイミングがあるんです。

 

aga治療の際、多くのaga治療薬は夜お風呂に入った直後の使用を推奨しています。

 

お風呂で頭を洗うと日中に溜まった汚れや古い角質が洗い流されます。

 

毛穴もスッキリとし、毛根まで通路ができているので、この状態の頭皮にaga治療薬を使うのが最も効果的と言われているんです。

 

また、髪の毛の成長は夜の10時から2時までがピークと言われているので、この時間帯には睡眠をとっていたいものです。

 

また、aga治療薬はたくさん使えばそれだけ効果があるわけではないんです。

 

むしろaga治療薬を多く塗布し過ぎるとそれが原因で毛穴を塞いでしまう可能性も出てくるので、aga治療薬に書かれている使用量は守るようにしましょう。

 

aga治療薬をもっと詳しく知りたい方は次のページから詳しく解説してありますのでご覧ください

 

aga治療治薬・効果

 

育毛剤の効果はaga(男性型脱毛症)を治療することにあります。

 

まず、育毛剤の事を理解することから始めましょう。

 

育毛剤の効果は大きく分けて二種類あります。

 

育毛剤の効果の一つ目は、agaによる抜け毛、薄毛の原因を治療して抜け毛を止める効果です。

 

その成分が「フィナステリド」です。

 

「フィナステリド」は、抜け毛の原因であるDHTと呼ばれる男性ホルモンに関係の深い酵素の生成を抑えて、抜け毛を根本から防ぎます。

 

育毛剤の効果の二つ目は、新しく髪の毛を生やす効果です。

 

この効果は「ミノキシジル」と言う発毛成分により、頭皮の血行を促し、栄養補給をたっぷりすることにより、新しい毛を生やす効果が認められています。

 

「フィナステリド」を配合した育毛剤では、飲む育毛剤「プロペシア」が有名ですよね。

 

「ミノキシジル」を使った育毛剤では、何といっても大正製薬の「リアップ」がテレビなどメディアを使ったCMで知名度は抜群です。

 

育毛剤の効果は、この二つの効果を合わせて行うことによって最大限の効果を発揮します。

 

「フィナステリド」で抜け毛を抑えつつ、「ミノキシジル」で発毛させると言う2段構えですね。

 

ちなみに、「リアップ」は「ミノキシジル」の濃度が5%までに規制されていますが、ジェネリックでは10%の高濃度ミノキシジルを配合した薬が発売されています。

 

それと、頭皮を清潔に保つことは最低限行いましょう。

 

シャンプーを落とすためのすすぎが十分でないと、頭皮の毛穴に残りカスがたまり、発毛を妨げ抜け毛の原因にもなります。

 

抜け毛を止める効果と髪の毛を増やす効果で育毛を促すaga治療薬があります

 

aga治療治療薬・ジェネリック

 

ジェネリック医薬品と言う言葉も、最近では、テレビや新聞などのメディアで取り上げられる機会も増えてきました。

 

ジェネリック医薬品とは医薬品の有効成分そのものに対する特許である物質特許が切れた医薬品を他の製薬会社が製造・供給する医薬品の事で、新薬と同じ主成分であり「後発薬」と呼ばれることもあります。

 

実際「プロペシア」を薬局で買うとなると、結構いい値段がしますよね。

 

ところが、プロペシアと同じ成分であるフィナステリド1mgを含有したフィンペシアは100錠が\4,480なのに対して、「プロペシア」は28錠で\10,980もするんです。

 

いかにジェネリック医薬品が安いかわかりますよね。

 

一方「リアップ」にはまだジェネリックがないのですが、育毛効果化が期待できる同じ成分のミノキシジルを含有した「ロゲイン」のジェネリック「ツゲイン」を手に入れることは出来ます。

 

と言うことは、単純計算で「リアップX5」の2倍の効果が期待できるということです。

 

ちなみに、「リアップX5」は価格:6,660円なのに対し、ツゲイン(ミノキシジル10%)は価格:\5,500です。

 

日本国内では「リアップX5」が販売されているため、「ツゲイン10(ミノキシジル10%)」は個人輸入代行業者からの購入に限られてしまうんですね。

 

ジェネリック医薬品を上手に利用したいですね。

 

aga治療・通販

 

育毛は病気の治療とは違い、皮膚科などを受診し薬を処方してもらう方は少ないのではないでしょうか。

 

そうなりますと、薬局に行って直接購入するか通販を利用して購入するかになります。

 

ましてジェネリックの「ツゲイン」などは日本国内では販売していない事もあり、個人輸入代行業者を通して買うことしか方法がありません。

 

ネット上でも、個人輸入代行業者のサイトは多数存在しますが、気を付けなければならないのは「ニセモノ」の育毛剤を扱っている業者が結構たくさんいるという事実です。

 

特にジェネリック医薬品は、インドなど外国で製造されているため「ニセモノ」の製造現場は劣悪な衛生環境であることが多く、副作用の危険性も高くなります。

 

ここのサイトで紹介している通販であれば、扱っている医薬品は「正規品」なので、かなり安心だと思います。

 

もう一つの通販のメリットは、直接自宅に届けてもらえることでしょう。

 

薬局などに行きますと、知り合いに会う確率も高くなり、気まずい思いをする事もありますよね。

 

最近では物流の進歩で、注文をしてから1週間以内には必ず届くようになりました。

 

欲しいものがすぐ手に入ると、満足感も大きいですし、育毛は一日も早く始めるのに越したことはありませんからね。

 

ここのサイトのように、育毛剤の内容から購入方法まで理解できるサイトを利用して、賢い育毛生活を送りたいものです。

 

見た目が綺麗で、いかにも「正規品」を扱っているように見えても、値段が極端に安かったりする業者には注意が必要ですね。

 

aga治療薬は通販を利用して簡単に購入できるんです

 

aga治療・費用

 

aga治療は行いたいけれど、いったい費用はどれだけかかるのかを説明します。

 

まず、aga治療には健康保険が使えない「自由診療」なんです。

 

「自由診療」とは各病院で診療報酬を決めることが出来る、いわゆる「保険外診療」です。

 

ということは、病院によって支払額が違うという事になります。

 

また、皮膚科などの一般病院とaga専門クリニックでも治療費に差があるんです。

 

一般的には1ヶ月あたり7,500円(30日で計算)と言われていますが、初診の際には初診料や検査料などが掛かりますので、結構な金額になることが考えられます。

 

aga専門クリニックの料金はだいたい月に10,000円〜15,000円の間で治療費を設定しているクリニックが多いようです。

 

病院でaga治療を受けることが最善の方法ではありますが、治療費を安く抑えたいと考えた時には、プロペシアのジェネリックを使うという方法もあります。

 

インターネットの通販サイトを利用してプロペシアのジェネリックである「フィンペシア」を購入した場合、「フィンペシア」は100錠が\4,480なので、1錠約45円ですから30日分で1,350円で済むわけです。

 

インターネット通販は「自己責任」の世界なので、偽造品(ニセモノ)を見分ける目を持つことが必要になりますが、コストパフォーマンスという面では利用する価値がある選択肢と言えますね。

 

aga治療は最初の数か月は、お金はかかりますが専門のクリニックに通いながら様子を見て、その後はジェネリックを使いながら自分で治療していくのが最善の方法ではないでしょうか。

 

aga治療薬・植毛

 

AGA治療のように、薬で髪の脱毛を防いで育毛を促す方法の他に、「髪の毛を増やす手段」として、「植毛」や「増毛」とよばれる方法があります。

 

「植毛」とは、文字通り髪の毛を植えることですが、人工の毛を植毛する「人工植毛」と、自分の毛を植毛する「自毛植毛」とがあるんです。

 

「人工植毛」は植えた髪の毛が抜けたら終わりなので、再度植え替える必要がありますが、「自毛植毛」は頭皮に定着してしまえばずっと生え変わるので手入れがいらないんです。

 

「自毛植毛」の方法は、毛包と呼ばれる毛根を包む組織(毛根を保護し,毛の伸長の通路となる。上皮性毛包,硝子膜,結合組織毛包から成る)を、後頭部や側頭部から切り取ったり、吸い取ったりして髪の毛が少ない部分に植毛します。

 

自毛植毛の手術では麻酔を使うため、痛みもほとんど感じず基本的にリラックスした気分で手術に臨むことが出来るんです。

 

手術後は麻酔が切れた場合痛みを感じる場合があるので、処方された痛み止めを忘れずにきちんと服用して下さい。

 

手術後の痛みも基本的に2、3日で収まり、傷口も徐々に塞がっていきます。

 

2週間から1ヶ月ほどである程度塞がり、1ヶ月から2ヶ月ほどで完全に手術跡も塞がります。

 

そして、移植された髪の毛は将来的に生え代わり続けるんです。

 

毛包を採取する部分は、後頭部や側頭部になります。

 

薄毛が進行した場合でも、後頭部や側頭部の髪の毛は薄くなることがあまり無い性質があるからなんです。

 

一方の「増毛」というのは、人工の毛を使って少ない毛をカバーすることなんです。

 

1本の自分の毛に3〜5本の人工の毛を結び付けたり、人工毛がついたシートを貼るなどの方法を取ります。